トップ > 精神保健福祉士の情報 > 精神保健福祉士に関する実習について

精神保健福祉士に関する実習について

精神保健福祉士になるために入学する養成施設においては、厚生労働省によって定めている通信カリキュラムに沿った上で学習が行われています。
そして、精神保健福祉士の場合には、他の職業を目指していくための医療系による学校と同様として実習が実施されており、これがかなり重要な意味を持っています。
そして、座学学習については、精神保健に関連している専門科目や福祉関連科目のほかに、一般科目について広く学んでいきます。
ただし、座学だけでは身につかない場合がいくつかあります。
そして、実際には先輩たちが活躍している現場においての実習体験を通して、受験に必要となる知識だけに偏らないような、人間味がある精神保健福祉士を世に送り出していくこととなるでしょう。
つまり、こうした考え方が、精神保健福祉士の養成課程においては重視されています。


しかも、養成施設においてのカリキュラムのうち、精神保健福祉援助実習に関しては、合計で28日間以上必要とされており、実際の仕事現場においての体験を通した上で、学校にて得ている知識に深みを与えていくと同時に、本当に精神保健福祉士として頑張っていきたいのかどうかについて、学生自身が振り返っていくことができる大切な時間にもなるでしょう。
つまり、精神保健福祉サービスに携わろうとしている人間には、多かれ少なかれ、精神障害者に関する考え方や相手とのコミュニケーションにまつわる悩みについて抱えることになるでしょう。
また、学生のほとんどは精神障害者といった人に対しては、いかに声をかけていいかわからないことやイメージのみ膨らみすぎて身動きがとれない、といった戸惑いを経験する場合がよくあるらしいです。


つまり、そんな場合には、先輩やスタッフにサポートしてもらっていきながら実習体験を続けていくことによって、将来現場に出た場合に本当のやさしさを持った上で患者に接していくことができる下地を作ることができるでしょう。
そして、実習体験を通じて、精神保健福祉士に対する受験意志がさらに確かなものになっていくといった学生はたくさんいるらしいです。
しかも、実習については、単に受験にパスしていくだけでない職業に対する思いも確認していくことができるでしょう。
そして、精神保健福祉士の実習には、学校への入学時において、指定施設にて相談援助業務の実務経験に関して1年以上ある場合には、原則として免除されています。
そして、この指定施設とは、精神科病院や保健所、保健センターや精神保健福祉センターなどのほかに、主として精神障害者を対象としている施設(障害者支援施設や地域活動支援センター、福祉ホーム等)となっています。

次の記事へ