精神保健福祉士対策通信講座の選ぶ際に参考になる

精神保健福祉士の国家試験を受ける際には、その国家試験の対策を講じる必要があります。その際に役立つのが、精神保健福祉士の国家試験対策通信講座であります。この通信講座は、多くの会社から提供されています。ですから、比較する必要があります。

比較する際に参考になるのが、こちらの比較サイトであります。この比較サイトでは、各会社の精神保健福祉士対策通信講座を詳細に比較することができます。自分にとってどこの通信講座を選べば良いのか、かなり参考になります。どこの通信講座を選べば良いのか迷ったらこの比較サイトを使いましょう。

またこの比較サイトでは、精神保健福祉士の国家試験の概要や合格率などの情報も掲載されています。各会社の通信講座の比較だけでなく、こうした為になる情報を多く提供されていますので、時間ある時に一読しておきましょう。

アルファ医療福祉専門学校

おすすめ度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

医療系の資格は、一定の教育を受けた後に試験を受験します。有限会社ソテックス(学校法人西田学園アルファ医療福祉専門学校)は精神保健福祉士を通信教育で勉強しますが、合格率が非常に高いので、安心して利用することができます。

通信制の学校の場合、途中でやめる人が多いとされています。有限会社ソテックス(学校法人西田学園アルファ医療福祉専門学校)精神保健福祉士のコースでは、非常に修了率が高いです。その分サポートが良いことがわかります。

資格を取るための勉強をするとき、時間をかけたいときもあれば、あまり時間をかけたくないときもあります。有限会社ソテックス(学校法人西田学園アルファ医療福祉専門学校)精神保健福祉士のコースは、一般コースと短期コースがあります。

ブラッシュアップ

おすすめ度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★
顧客満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
公式サイトはコチラ

精神保健福祉士の通信講座をお探しの方に向けてブラッシュアップを使って最適な通信制大学を探すこと提案をします。ブラッシュアップでは、簡単に各通信制の大学を比較することが出来るからこそ、最適な環境を簡単に見つけることが出来ます。

条件を満たしていれば編入制度を利用し、最短で精神保健福祉士の取得を目指すことが出来るため、出来るだけ短い時間で資格を取得したいと考えている方にも最適です。通信制の場合、学費も安く負担が少ないので気軽にチャレンジすることが出来ます。

更に、毎日通う必要がないからこそ、仕事をしているからでも確実に精神保健福祉士を目指すことが出来ます。最適な通信制大学をお探しの方は、ブラッシュアップを利用し、理想の環境を探し出しましょう。

日本福祉教育専門学校

おすすめ度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

日本福祉教育専門学校は、精神保健福祉士の国家試験に合格するために受講する通信教育です。国家資格なので難しいですが、毎年合格者を高い確率で出しています。学習における細かいサポート体制が合格へ導いています。

精神保健福祉士の活躍の場は幅広いです。精神科病院、精神科クリニック、障害福祉サービス事業所、相談支援事業所です。その他にも精神保健福祉センターや市町村保健センターなどがあります。通信教育で学習して国家試験を受ける方も多いです。

通信教育は、きめ細かなサポートで添削していきます。レポート提出はインターネットを利用します。直接講師と話す事もできます。スクーリングも行なっているので安心です。

上智社会福祉専門学校

おすすめ度 ★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
公式サイトはコチラ

精神保健福祉士の資格を通信で取得したいと考えている方に人気を集めているのが上智社会福祉専門学校です。上智社会福祉専門学校では演習を通して様々な知識を学ぶことが出来る講義を展開しており、身になる講義を繰り広げています。

またただ単に教科書を学ぶのではなく、教科書に書かれている内容以上の知識を提供することで、精神保健福祉士として活躍することが出来る知識を提供しています。そのため、現場に入ってもすぐに活躍することが出来ます。

更に、実際に社会福祉士として働きながら資格取得を目指している方も多くいることから、そういった方であっても気軽に講義に参加することが出来るようなシステムを整えているため、安心して参加することが出来ます。

日本福祉大学

おすすめ度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
顧客満足度 ★★★
使いやすさ ★★★
公式サイトはコチラ

日本福祉大学の精神保健福祉士の通信は、通信で精神保健福祉士という国家資格を取得できることから、大人気となっています。主に障害者や医療関係、行政地域などで働くことが出来る資格なので、とても人気となっています。

日本福祉大学の精神保健福祉士の通信は、合格率が高いことも特徴となっています。通信といえど、しっかりとした教育を行えて、演習や実習もありますので、安心して、資格取得の勉強を行うことが可能となっています。

日本福祉大学のホームページからは、在学生、卒業生の声を閲覧することが出来ます。閲覧することにより、どのような事をするか、資格取得のために何が大切かを知ることが出来ます。

日本社会事業大学

おすすめ度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★
公式サイトはコチラ

国家試験を受験するとなると独学では限界を感じてしまうことがあります。日本社会事業大学では精神保健福祉士に合格するためのサポートをしています。通信ということもあって、テーマに関心があれば独自のスタイルで勉強することができます。

国家試験直前になると対策期間が設けられていて、合格するために問題傾向を分析したりする勉強会がスクーリングのなかで行われています。スクーリングを受けると情報を他の受講生と共有することができるので、前向きな気持ちで勉強ができます。

対策がしっかりとしているので、国家試験に合格する受講生は多いです。最終的な修了率も非常に高いので、真面目に勉強をしていれば100パーセントの確率で卒業することができて、精神保健福祉士として活躍することができます。

精神保健福祉士として働く為に必要な事

精神保健福祉士とは精神的な障害のある人に対して、日常生活がスムーズに営めるようにサポートしたり社会参加に向けた支援活動を行ういわいる精神科ソーシャルワーカーの事です。精神保健福祉士は専門職の国家資格であり、心に病みを抱えた人の相談にのったり助言をしたり、訓練や環境調整などの仕事を行います。1997年の精神保健福祉士法の施行によって誕生した資格であり、2005年からは障害者自立支援法が制定された事によって医療や保健、福祉にまたがった活躍の場が広がっています。精神的な障害がある人を病院では入院から退院までの相談に応じて、日常生活を送る事ができるようにサポートを行い病院以外の場所では就労支援や精神保健福祉センターや保健所でのメンタルヘルス啓発活動に携わる事もあります。

精神保健福祉士として働く場所として、精神病院や診療所などの医療機関、グループホームやケアホームなどの生活支援サービス、保健所や精神保健福祉センターなどの行政機関、保護観察所や矯正施設などの司法施設などがあります。精神保健福祉士の資格を取得する為には精神保健福祉士国家資格に合格する必要があります。大学等で指定科目を履修する方法や短大等で指定科目を履修して実務を1年から2年経験する方法、養成施設を経るというルートがあります。精神保健福祉士との国家試験は年に1回行われ、17科目の筆記試験を受ける必要があります。人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、社会保障や低所得者に対する支援と生活保護制度など17科目のうち11科目は社会福祉士との共通科目になっています。

精神福祉士の国家試験を受験する為に通信課程のある専門学校に入学する方法があります。通信課程のある専門学校であれば仕事をしながら精神福祉士としての勉強をする事が可能になります。1ヶ月に1科目から2科目のテキスト学習を行いレポートを提出するだけなので、学校へ通って学習する必要が無く時間を有効に使う事が出来ます。スクーリングは決められた日にちだけ出席すれば良いので予定を決めやすい特徴があり、科目の最終時に修了試験を受けるだけで単位取得する事が出来ます。法律では210時間以上の現場実習が定められており、指定の病院や診療所の医療機関で実際に90時間、社会復帰施設などで120時間の実習が必用になるのでしっかりと技術を身に付ける事が出来ます。実習オリエンテーションで実習への動機づけや心構えなどを身に付ける事が出来るので、実際に現場へ出た時にも自信を持って仕事をする事が可能です。